青汁三昧

「青汁三昧」はテレビショッピングでおなじみの青汁です。

 

ランキングなどではおいしいと評判の商品です。

 

青汁と言うとどうしても苦い、青臭いと言ったイメージがありました。

 

また、実際に飲んでみても、それは否定できなかったのです。

 

しかし、この青汁三昧は誰にでもおいしいと言われているのです。

 

青汁の主原料として、大麦若葉、ケール、ゴーヤーの3種類をブレンドして製造されています。

 

それぞれの原料の特徴を説明しましょう。

 

大麦若葉はアクが少なく抹茶のような香ばしい風味が特徴です。

 

もちろん、食物繊維やビタミンC、鉄分も豊富に含まれています。

 

青汁三昧だけではなく、他のメーカーの青汁にも使用されています。

 

それからケールは青汁の代表とも言えるパワフルな野菜です。

 

β-カロチンが非常に多く含まれている野菜です。

 

欧米では野菜の王様と呼ばれているそうですが、日本ではほとんど一般には出回っていません。

 

それからゴーヤーは沖縄の定番健康野菜ですから、ほとんどの人が知っているでしょう。

 

しかし、その味が苦いことも常識ですね。

 

長寿の里、沖縄では誰でもが食べている野菜ですが、最近ではスーパーなどでも手軽に購入できるようです。

 

ビタミンCはレモンの1.5倍でミネラルやリノール酸も含まれています。

 

これらがブレンドされて、飲みやすくなったものが青汁三昧です。

 

一日の野菜の量は350g以上が必要とされていますが、通常の食事でそれを満足させることは容易ではありません。

 

そのための青汁であり、多くの人の注目を集めている理由です。

 

青汁のランキングを見て、その中の一つを試してみるといいですね。

すこやか自慢 青汁と乳酸菌